海外ビジネスと英語

ビジネスで出す英語メール

ビジネス英語が必要になったら

最近は日本の取引先だと思っていたら、工場は海外にあり、海外の工場のオペレーションは現地の人がやっているというような事例が多くなりました。海外工場でも相手が日本人なら日本語メールで事足りますが、現地の人となると当然英語のメールにしなければいけません。こちらも、相手も慣れない同士となりますが、ビジネスの連絡なら、連絡内容、用件は限られているので、定型的な文章をよく覚えていればやり取りは大丈夫です。また、最近のインターネット翻訳サイトを利用すれば、ビジネスで利用するような用件であれば、十分意思疎通が可能です。日本語なら、相手先、前略~、要件、署名という構成ですが、英語ならDear+相手の名前(Mrなどの敬称付)で始まり、Regards,+自分の名前、所属と言うのが一般的です。

英語を身に着けるコツは

国際化が進む今日、重要度を増している英語。キャリアアップのためにスキルを磨きたいと思っている方は大勢いると思います。ネイティブのような美しい発音で滑らかにしゃべれるようになりたいと思い、そのために多くの時間を使っている方も少なくないですが、ビジネスではそのようなスキルは必要ありません。実際はネイティブ以外の方と話す機会が多く、お互いに発音が上手くなくても、また途中でつっかえたとしても意思疎通は図れるものであり、それで必要十分です。流暢に話せるようになってかっこよく思われたいのなら別ですが、ビジネスの場ではそこまでは求められていないということを覚えておくと時間を有効に使えます。

↑PAGE TOP